トピックストピックス

2017年

2017年4月26日 中国科学院張亜平副院長らによる医科研訪問

中国科学院から張亜平副院長ら5名が医科研を訪問し、村上善則医科研所長、武川睦寛副所長、川口寧副所長/研究代表、田中廣壽副所長、井上純一郎教授/北京拠点長、林光江特任教授と意見交換を行った。2005年から継続している本プロジェクトを中心に、今後の共同研究や医科研との連携について話し合いを行った。
来訪者

張亜平(ZHANG Yaping)

  中国科学院副院長、昆明動物研究所研究員(教授)、中国科学院院士

于潤昇(YU Runsheng)

  中国科学院国際合作局副局長

陳海濤(CHEN Haitao)

  中国科学院国際合作局業務主管(アジア担当)

馬俊才(MA Juncai)

  中国科学院微生物研究所情報センター主任

米凱霞(MI Kaixia)

  中国科学院微生物研究所副研究員

画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2017年4月26日
  • 2017年4月26日

2017年2月12日 市民公開講座「感染症の克服に向けて」で講演

2017年2月12日、北海道大学学術交流会館(北海道札幌市)で開催された市民公開講座「感染症の克服に向けて」で、川口研究代表が「膜をもつウイルスのお話し」と題した講演を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2017年2月12日
  • 2017年2月12日

2016年

2016年12月27日 「高校生のためのWinter School 2016 @微研」で講演

2016年12月27日、大阪大学微生物病研究所(大阪府吹田市)で開催された「高校生のためのWinter School 2016 @微研」で、川口研究代表が「ウイルスの膜のお話し」と題した講演を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年12月27日

2016年11月18日 「ようこそ先輩」事業で講話

2016年11月18日、高知県立高知追手前高等学校で開催された「ようこそ先輩」事業に松田善衛特任教授が参加し、35名の高校一年生を対象に「感染症・科学研究」と題した講話を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年11月18日

2016年11月10日 JST、理研による連携研究室訪問

日本科学技術研究機構(JST)研究開発戦略センター寺岡伸章フェロー、JST北京代表処茶山秀一首席代表、理化学研究所北京代表処油谷泰明所長、同・単莉職員が微生物研究所内の日中連携研究室を訪問した。一行は研究室見学の後、連携研究の動向、日本と中国の科学技術の現状などについて意見交換を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年11月10日
  • 2016年11月10日

2016年10月28日 AMED代表団による生物物理研究所訪問

日本医療研究開発機構(AMED)齋藤正男科学技術顧問ほかが生物物理研究所(IBP)において日中連携研究室を含む研究施設を見学した。またその後AMED末松誠理事長を迎え、IBP元所長 饒子和教授、同副所長 許瑞明教授らにより夕食懇談会が催された。この訪問にはAMED岩本愛吉科学技術顧問、国際事業部野田正彦部長、国際事業部北角理麻職員が同行した。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年10月28日
  • 2016年10月28日

2016年8月3日 高校生の研究室見学を実施

2016年8月2日に実施された高校生、大学生向けの医科学研究所公開セミナー「ラブラボ」の参加者を招待して、8月3日に研究室見学会が実施された。川口寧研究代表の研究室である感染制御分野には7名の学生が見学に訪れ、顕微鏡で細胞を観察するなどの体験学習を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年8月3日
  • 2016年8月3日

2016年8月2日 医科研公開セミナー「ラブラボ」で講話

2016年8月2日、生命科学、医科学に興味のある高校生、大学生向けの感染症研究に関する医科学研究所公開セミナー「ラブラボ」で、川口寧研究代表が「膜をもつウイルスのお話」と題した講演を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年8月2日
  • 2016年8月2日

2016年7月11日 中山大学・中国広東省視察団による医科研訪問

中山大学の劉教授と研究者ら、および中国広東省からの視察団の合計8名が医科研を訪問し、村上善則医科研所長と川口寧研究代表と意見交換を行った。2011年に締結した本学と中山大学との国際学術交流協定の更新について協議した他、本プロジェクトでの国立感染症研究所柴山恵吾部長との共同研究や、中山大学のある広東省や広州市と医科研との連携ついて話し合いを行った。
来訪者
  • 中山大学:
    劉煥亮
      中山大学胃腸病学研究所 教授、
      常務副所長、  
      中山大学付属第六病院
      中山大学胃腸病学研究所
      Clinical Laboratory 教授、室長
    肖艶紅 中山大学附属第六医院研究室技術者
    王 妍 中山大学胃腸病学研究所国際協力秘書
  • 広東省視察団:
    周木堂 広東省科学技術庁副検査官
    趙勁松 広東省科学技術庁計画財務処副処長
    陳志祥 広東省生産力促進センターセンター長
    杜賽花 広東省科学技術基礎条件プラットフォームセンター事務局局長
    香小敏 広東省技術経済発展研究センター部長
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年7月11日
  • 2016年7月11日

2016年5月5日 文部科学審議官による微生物研究所訪問

文部科学省の戸谷一夫 文部科学審議官ほかが中国科学院微生物研究所を訪問し、劉双江 微生物研究所所長、楊懐義 同科技処処長、張世専 中国科学院国際合作局アジア・アフリカ処処長、陳海濤 同処業務主管らの歓迎を受けた。日中双方からのスピーチに続き、劉所長が研究所および日中連携研究室の概要について紹介し、意見交換が行われた。一行はその後、北京駐在の医科研研究者の案内で日中連携研究室を見学した。この訪問には同省科学技術・学術政策の竹内英 科学技術・学術政策戦略官(国際担当)、福田佳典 戦略官付戦略第一係長、日本大使館の轟渉 一等書記官が同行した。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2016年5月5日
  • 2016年5月5日

2016年4月27日 北京協和病院の研究者と薬剤耐性に関する意見交換

国立感染症研究所の柴山恵吾部長と鈴木仁人主任研究官が川口寧研究代表、井上純一郎北京拠点長、吉池邦人客員教授、林光江特任教授とともに北京協和病院を訪問した。同病院の楊啓文博士とともに薬剤耐性研究について意見交換を行い、共同研究の可能性を検討した。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年12月7日
  • 2015年12月7日

2015年

2015年12月7日 北京協和病院の研究者と薬剤耐性に関する意見交換

国立感染症研究所柴山恵吾部長が川口寧研究代表、井上純一郎北京拠点長、吉池邦人客員教授、林光江特任教授とともに北京協和病院を訪問した。同病院の楊啓文博士と柴山部長による研究内容紹介のほか、李太生教授、範洪偉副教授を交えて意見交換を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年12月7日
  • 2015年12月7日

2015年12月7日 微生物研究所の研究者と薬剤耐性に関する意見交換

中国科学院微生物研究所において、同研究所PIの馮婕博士および米凱霞博士と、本プロジェクト研究開発分担者である国立感染症研究所の柴山恵吾部長を中心として薬剤耐性研究に関する意見交換を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年12月7日

2015年11月20日 中国農業科学院ハルビン獣医研究所とIMSUT間のMOU締結

2015年11月20日に、中国農業科学院ハルビン獣医研究所(HVRI)とIMSUT間のMOUが締結された。これにより、2015‐2019年度の5年間の研究協力体制が築かれた。

2015年11月19日 「ようこそ先輩」事業で講話

2015年11月19日、高知県立高知追手前高等学校で開催された「ようこそ先輩」事業に松田善衛特任教授が参加し、理系志望の高校一年生約40名を対象に「感染症研究-科学的視点」と題した講話を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年11月19日

2015年10月27日 微生物研究所所長による医科研訪問

中国科学院微生物研究所の劉双江所長と馬俊才博士が医科学研究所を訪問した。村上善則所長をはじめ小澤敬也病院長、渡邉すみ子国際交流委員長との懇談や医科研各研究施設訪問のほか、中国拠点の川口寧研究代表、井上純一郎北京拠点長と今後の共同研究の展望につき討議を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年10月27日
  • 2015年10月27日

2015年9月23日 IBPとIMSUT間のMOU調印

2015年9月23日、中国科学院生物物理研究所(IBP)において同研究所と東京大学医科学研究所の間のMOUが調印された。医科研副所長を務めるアジア感染症拠点の川口寧研究代表、井上純一郎北京拠点長らがIBPを訪問し、村上善則医科研所長の署名入りMOUにIBP徐涛所長の署名を頂いた。これにより今後5年間にわたる研究協力の基礎となるMOUが正式に発効した。この署名式には国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)神田忠仁Project Supervisor、山ア広枝主査のほか、国立感染症研究所柴山恵吾部長も同席された。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年9月23日
  • 2015年9月23日

2015年9月22日〜24日 AMEDによる北京拠点訪問

2015年9月22日〜24日、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)神田忠仁Project Supervisor、山ア広枝主査が北京拠点を訪問し、研究課題の進捗状況などにつき担当研究者らとの情報交換を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年9月22日〜24日
  • 2015年9月22日〜24日

2015年8月5日 高校生の研究室見学を実施

2015年8月4日に実施された高校生、大学生向けの医科学研究所公開セミナー「ラブラボ」の参加者を招待して、8月5日に研究室見学会が実施された。川口寧研究代表の研究室である感染制御分野には4名の学生が見学に訪れ、顕微鏡で細胞を観察するなどの体験学習を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年8月5日
  • 2015年8月5日

2015年4月28日〜30日 医科研・村上所長一行による北京拠点訪問

医科学研究所の村上善則所長と新規研究プロジェクトの責任者である川口寧研究代表、井上純一郎北京拠点長、吉池邦人客員教授、岩本愛吉元研究代表が北京を訪問した。29日には生物物理研究所の徐涛所長、孫命副所長、中国科学院国際合作処の陳海涛氏ほか、また30日には劉双江所長、東秀珠副所長ほかと面談し、今後の共同研究について活発な意見交換を行った。
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年4月28日〜30日
  • 2015年4月28日〜30日

2015年4月27日 文科省・学術政策局による日中連携研究室訪問

文部科学省科学技術・学術政策局の坂口昭一郎 科学技術・学術戦略官(国際戦略室長)一行が中国科学院生物物理研究所の日中連携研究室を訪問し、北京に駐在する医科研中国拠点の研究者と意見交換を行った。同行者は次の通り。
宮原有香 科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官付専門官
名倉  勝 科学技術・学術政策局産業連携・地域支援課係長
轟   渉 在中国日本大使館一等書記官
画像をクリックすると、拡大表示します。
  • 2015年4月27日
  • 2015年4月27日