ミーティング・ワークショップミーティング・ワークショップ

北京拠点研究進捗会議

2016年12月9日 第4回北京拠点研究進捗会議

2016年12月9日、第4回北京拠点研究進捗会議が中国科学院生物物理研究所(IBP)会議室において開かれ、医科学研究所の川口寧教授に加えて、北京を訪問中の同研究所植田清実事務部長、上原功研究支援課長も参加した。会議ではIBPの王 洪雲(Hongyun Wang)、 宋 紀萍(Jiping Song)、 杜 慶齢(Qingling Du)がHIV-1、 デングウイルスに関する研究内容について、IMの劉凱(Kai Liu)、謝 夏林(Xialin Xie)が HIV-1潜伏感染に関わる宿主因子の探索およびTHP-1細胞におけるゲノムエディティングについての研究の進捗状況を報告した 。翌10日には、医科研の北京訪中並びに在住メンバーとIMの高福(George Fu Gao)院士との間で懇談会が催された。
2016年12月9日 第4回北京拠点研究進捗会議 2016年12月9日 第4回北京拠点研究進捗会議

2015年12月8日 第3回北京拠点研究進捗会議

医科学研究所の川口寧教授、井上純一郎教授、吉池邦人客員教授に加えて、国立感染症研究所の芝山恵吾部長らが北京を訪問し、中国科学院微生物研究所(IM)会議室において開かれた第3回北京拠点研究進捗会議に参加した。会議ではIMの劉凱研究員がHIV-1潜伏感染に関わる宿主因子の探索についての研究進捗状況を報告した後、中国科学院生物物理研究所(IBP)の張睿研究員がデングウイルスの膜融合測定系について報告した。IBPのリサーチアシスタントとして新たに加わった、宋紀萍(Jiping Song)研究員の自己紹介があった。
2015年12月8日 第3回北京拠点研究進捗会議 2015年12月8日 第3回北京拠点研究進捗会議

2015年9月24日 第2回北京拠点研究進捗会議

医科学研究所の川口寧教授、井上純一郎教授、吉池邦人客員教授に加えて国立感染症研究所の芝山恵吾部長、日本医療研究開発機構の神田忠仁Project Supervisor、山ア広枝主査らが北京を訪問し、中国科学院生物物理研究所(IBP)会議室において開かれた第2回北京拠点研究進捗会議に参加した。会議ではIBPの張睿研究員がデングウイルスの膜融合測定系について報告した後、井上研究室の山本瑞生特任研究員がHIV-1、MERSCoV、デングウイルスの膜融合測定系の作製について、IBPの王洪雲研究員がHIV-1の膜融合を阻害するペプチドに関する実験についてそれぞれの進捗状況を報告した。その後、微生物研究所の劉凱研究員がHIV-1潜伏感染に関わる宿主因子の探索について、楊菲菲研究員が中国国内で流行するHIV-1の副受容体指向性についての研究進捗状況を報告した。
2015年9月24日 第2回北京拠点研究進捗会議

2015年6月29日 第1回 北京拠点研究進捗会議

川口寧教授、井上純一郎教授、吉池邦人客員教授が北京を訪問し、中国科学院微生物研究所会議室において、第1回北京拠点研究進捗会議を開催した。微生物研究所の合田仁特任講師がHIV-1潜伏感染に関わる宿主因子の探索について、谷麗君特任研究員が中国国内で流行するHIV-1の副受容体指向性についての研究進捗状況を報告した。その後、生物物理研究所の劉徳華研究員が、デングウイルスの膜融合阻害ペプチド探索について、王洪雲研究員がHIV-1膜融合阻害ペプチド探索に関する研究進捗状況を報告した。
新規プロジェクト最初の会合であるため、発表に先立ち参加者の紹介が行われた。微生物研究所には劉凱研究員、生物物理研究所には張睿、劉煒瑋の各研究員が新たなメンバーとして加わった。また、生物物理研究所の劉徳華、李潚の各研究員が離職することが報告された。
2015年6月29日  第1回北京拠点研究進捗会議