中国感染症情報中国感染症情報

全国法定伝染病統計(各月別情報・2017年)

2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年 

2017年 4月

日時:2017年5月11日

内容:2017年4月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生・計画出産委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201705/5ea6ba8bf31645349f9bb5572b6df9ea.shtml

2017年4月(2017年4月1日零時から4月30日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は531,302症例、死亡1,306人。甲類伝染病ではペスト、コレラとも発症例、死亡例はない。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染の発症、死亡例はないが、その他22種類の伝染病で合計299,360症例、死亡1,294人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、細菌性・アメーバ性赤痢で、乙類伝染病の94%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例はないが、その他10種類の伝染病で231,943症例、死亡12人が報告されている。症例の多い上位3位は手足口病、「その他感染性下痢」、流行性感冒で、丙類伝染病の89%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2017年 3月

日時:2017年4月12日

内容:2017年3月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生・計画出産委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201704/48aa9c141c224444925a883b8d227831.shtml

2017年3月(2017年3月1日零時から3月31日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は544,132症例、死亡1,589人。甲類伝染病ではペスト、コレラとも発症例、死亡例はない。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染の発症、死亡例はないが、その他22種類の伝染病で合計325,791症例、死亡1,579人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、細菌性・アメーバ性赤痢で、乙類伝染病の95%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例はないが、その他10種類の伝染病で218,341症例、死亡10人が報告されている。症例の多い上位3位は「その他感染性下痢」、手足口病、流行性感冒で、丙類伝染病の90%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2017年 2月

日時:2017年3月13日

内容:2017年2月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生・計画出産委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201703/3fed3e04129b49e8a860e47cfe742c63.shtml

2017年2月(2017年2月1日零時から2月28日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は485,649症例、死亡1,409人。甲類伝染病ではペスト、コレラとも発症例、死亡例はない。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染の発症、死亡例はないが、その他22種類の伝染病で合計278,526症例、死亡1,397人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、細菌性・アメーバ性赤痢で、乙類伝染病の96%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例はないが、その他10種類の伝染病で207,123症例、死亡12人が報告されている。症例の多い上位3位は「その他感染性下痢」、手足口病、流行性感冒で、丙類伝染病の94%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

2017年 1月

日時:2017年2月14日

内容:2017年1月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生・計画出産委員会HP

http://www.nhfpc.gov.cn/jkj/s3578/201702/f1e4cfe184e44f80ae57d0954c3d5fce.shtml

2017年1月(2017年1月1日零時から1月31日24時まで)、全国(台湾、香港、マカオを除く)で報告された法定伝染病は482,019症例、死亡1,121人。甲類伝染病ではペスト、コレラとも発症例、死亡例はない。乙類伝染病のうちSARS、ジフテリア、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染の発症、死亡例はないが、その他22種類の伝染病で合計246,739症例、死亡1,108人が報告されている。報告症例の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、細菌性・アメーバ性赤痢で、乙類伝染病の95%を占める。

同時期、丙類伝染病ではフィラリア症の発症例、死亡例はないが、その他10種類の伝染病で235,280症例、死亡13人が報告されている。症例の多い上位3位は「その他感染性下痢」、手足口病、流行性感冒で、丙類伝染病の92%を占める。

*「その他感染性下痢」とはコレラ、赤痢、チフス、パラチフス以外の感染性下痢をいう。

全国法定伝染病統計(各月別情報)