中国感染症情報中国感染症情報

全国法定伝染病統計(各月別情報・2022年)

2022年 
2021年  2020年  2019年  2018年  2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年 
2011年  2010年  2009年 

2022年 6月

日時:2022年7月29日

内容:2022年6月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3577/202207/d81b8cfb483a4165942acc1f63377039.shtml

2022年6月(2022年6月1日零時から6月30日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は1,285,858件、死亡2,066名。

そのうち甲類伝染病ではペストの発症例、死亡例はないが、コレラの発症例6件が報告されている。死亡例の報告はなし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染、ジフテリア、新生児破傷風、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他21種類の乙類伝染病で合計287,693件、死亡2,060名が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、ブルセラ症、淋病で、乙類伝染病の93%を占める。6月1日零時から6月30日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例1,541件、が報告されている。死亡例の報告はなし。

同時期、丙類伝染病では998,159件が報告されており、死亡6名。報告症例数の多い上位3位は流行性感冒、手足口病、「その他感染性下痢」で、丙類伝染病の98%を占める。

2022年 5月

日時:2022年6月30日

内容:2022年5月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3578/202206/61c8509152514bf1af06ec8e2c343f21.shtml

2022年5月(2022年5月1日零時から5月31日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は519,156件、死亡2,002名。

そのうち甲類伝染病では発症例、死亡例なし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、高病原性鳥インフルエンザ人感染、流行性乙型脳炎(日本脳炎)、ジフテリア、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他21種類の乙類伝染病で合計273,802件、死亡2,001名が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、ブルセラ症、淋病で、乙類伝染病の91%を占める。5月1日零時から5月31日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例7,547件、死亡166名が報告されている。

同時期、丙類伝染病では245,354件が報告されており、死亡1名。報告症例数の多い上位3位は「その他感染性下痢」、流行性感冒、手足口病で、丙類伝染病の94%を占める。

2022年 4月

日時:2022年5月24日

内容:2022年4月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3578/202205/7b9bbab60a0e4048877fa5cbe3882132.shtml

2022年4月(2022年4月1日零時から4月30日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は481,403件、死亡2,200名。

そのうち甲類伝染病では発症例、死亡例なし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、ジフテリア、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他23種類の乙類伝染病で合計311,106件、死亡2,200名が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、新型コロナウイルス感染症、肺結核、梅毒、淋病で、乙類伝染病の94%を占める。4月1日零時から4月30日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例65,484件、死亡422名が報告されている。

同時期、丙類伝染病では170,297件が報告されており、死亡例なし。報告症例数の多い上位3位は「その他感染性下痢」、手足口病、流行性感冒で、丙類伝染病の92%を占める。

2022年 3月

日時:2022年4月22日

内容:2022年3月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3578/202204/4d34e3147b9248078b1e15e9820c7f4b.shtml

2022年3月(2022年3月1日零時から3月31日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は634,258件、死亡2,036名。

そのうち甲類伝染病ではコレラの発症1件、死亡例なし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、ジフテリア、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他23種類の乙類伝染病で合計332,134件、死亡2,034名が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、新型コロナウイルス感染症、淋病で、乙類伝染病の94%を占める。3月1日零時から3月31日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例41,577件、死亡2名が報告されている。

同時期、丙類伝染病では302,123件、死亡2名が報告されている。報告症例数の多い上位3位は流行性感冒、「その他感染性下痢」、手足口病で、丙類伝染病の96%を占める。

2022年 2月

日時:2022年3月21日

内容:2022年2月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3578/202203/a0c1ba8d1e614cd1a110c1ee5f7962dc.shtml

2022年2月(2022年2月1日零時から2月28日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は445,181症例、死亡1,614人。

そのうち甲類伝染病では発症例、死亡例なし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、デング熱、ジフテリア、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他22種類(訳注:原文のまま)の乙類伝染病で合計229,407症例、死亡1,611人が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、ブルセラ症で、乙類伝染病の94%を占める。2月1日零時から2月28日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例3,387件が報告されている。死亡例はない。

同時期、丙類伝染病では215,774症例、死亡3人が報告されている。報告症例数の多い上位3位は流行性感冒、「その他感染性下痢」、手足口病で、丙類伝染病の97%を占める。

2022年 1月

日時:2022年2月18日

内容:2022年1月全国法定伝染病流行状況

情報源:中国国家衛生健康委員会HP

http://www.nhc.gov.cn/jkj/s3578/202202/20db918ff3014374aa63f8909e2d26d6.shtml

2022年1月(2022年1月1日零時から1月31日24時まで)、全国(香港、マカオ特別行政区、台湾地区を除く。以下同じ)で報告された法定伝染病は627,558症例、死亡1,685人。

そのうち甲類伝染病ではコレラの発症1件、死亡例なし。乙類伝染病ではSARS、ポリオ、デング熱、ジフテリア、高病原性鳥インフルエンザ人感染、鳥インフルエンザH7N9人感染の発症例、死亡例の報告はないが、その他21種類の乙類伝染病で合計263,381症例、死亡1,678人が報告されている。報告症例数の多い上位5位はウイルス性肝炎、肺結核、梅毒、淋病、ブルセラ症で、乙類伝染病の94%を占める。1月1日零時から1月31日24時までの間に、全国で新型コロナウイルス肺炎確定症例3,825件が報告されている。死亡例はない。

同時期、丙類伝染病では364,176症例、死亡7人が報告されている。報告症例数の多い上位3位は流行性感冒、「その他感染性下痢」、手足口病で、丙類伝染病の98%を占める。

全国法定伝染病統計(各月別情報)